ローヤルゼリー3大効果!生殖・老齢疾患・傷口治療

ローヤルゼリーの3大効果というものがあります。

それは「生殖の健康」「変性疾患・老齢疾患への作用」「傷口の治療促進」などの効果です。具体的に1つずつ、どういった効果が期待できるのかを、詳しくご紹介したいと思います。

生殖に関する健康効果

ローヤルゼリーは、男性と女性の「生殖」に関する健康にとても良いとされています。

ある臨床研究で、ローヤルゼリーには女性の「月経前症候群(PMS)」を緩和させる効果があるという事も分かっています。さらには、ローヤルゼリーが「閉経後の女性の泌尿器系の問題」を改善したり、生活の質を向上させる効果なども報告されています。

それから、男性の「生殖能力」を向上させる効果もあります。筋肉増強剤の「オキシメトロン誘発性の生殖毒性」に対して、保護効果を持っているという研究結果が報告されています。簡単に言えば、男性の精巣をオキシメトロン誘発性の「酸化損傷」から守ってくれるという事です。

また、ローヤルゼリーは「精子形成」を刺激するための化合物が含まれていますので、「炎症性サイトカイン」を抑制する効果もあります。動物実験では、ローヤルゼリーを摂取すると、精子濃度・精子の総出力量・テストステロン濃度・グルコース濃度・血中の総タンパク質などが上昇することも分かっています。

変性疾患・老齢疾患への効果

アルツハイマーなどの不健康な精神状態や、精神機能の低下というのは殆どの場合が老化と関係していますので、高齢者に影響しています。

ローヤルゼリーには、高齢者の身体・精神機能を刺激する作用があり、食欲や体重を増加させる効果があります。さらに神経保護効果もあるので、アルツハイマー病の予防にも効果的だと言われています。

さらにラットを使った研究では、行動的影響や神経科学的影響がある事も分かりました。ローヤルゼリーを摂取したラットは、認識能力が高くなったという事が判明しました。さらに寿命が延びたという報告もあります。

寿命が延びた理由は、ローヤルゼリーに含まれる「長寿促進因子」だと考えられます。ちなみに日本で行われた研究では、6か月間ローヤルゼリーを摂取すると、人間の精神面の健康が改善することも分かっています。

傷口の治療への効果

ローヤルゼリーは傷口の治療を促進する作用があるという事が分かっています。ローヤルゼリーは線維芽細胞の移動を促進するので、傷口が治療されるプロセスに関わっている「脂質の濃度」を変えて、傷口が治りやすく作用してくれます。

他にも、コラーゲン産生を促進させる作用があるので「UVB」による光ダメージの老化から、皮膚を守る事もできます。さらに、ローヤルゼリーの被覆材は「糖尿病性足潰瘍」の治療にも効果的です。

ローヤルゼリーの「血管拡張作用」により、傷の周りの血管の拡張をサポートして、血行を促進させます。そしてローヤルゼリーが持つ「抗菌作用」により感染症を予防することも可能です。

このようにローヤルゼリーには、生殖の健康や老化による疾患や、傷口の治療など様々な所で人間をサポートする役割を担ってくれています。加齢とともに、かなり役立ってくれる成分になりますので、是非試してみてくださいね!