ローヤルゼリーは国産と外国産どっちがいい?

ローヤルゼリーはミツバチが生み出す物質なのですが、採取できるのは日本だけとは限りません。ですから、ローヤルゼリーの産地は日本だけではなく、様々な国の名前が書かれていると思います。

ローヤルゼリーは、国産がいいのか?外国産がいいのか?そこの時点で、悩んでしまいますよね。そこで今回は、国産と外国産のローヤルゼリーについてお話をしていきたいと思います。

ローヤルゼリーは外国産が多い!?

実はローヤルゼリーというのは、国産よりも「中国産」のものが多く出回っています。純粋な国産ローヤルゼリーというのは、かなり希少なものだと言われており、国内で扱われているローヤルゼリーの95%は外国で採取されたローヤルゼリーなのです。

日本に輸入されているローヤルゼリーは、中国・タイ・台湾・オーストラリア・ベトナム・ニュージーランドで採取されたものが多いです。

ローヤルゼリーは新鮮さが重要なので、日本から近い国を選ぶことが鮮度に対する1つのポイントとなります。

純粋な国産ローヤルゼリーは、かなり貴重なので高額になることがほとんどです。ちなみに国産と書かれていても、製品や原材料の産地が明らかになっていないものは、外国産の可能性がありますので、注意してください。

「純国産」と記載されているものであれば、製品を構成している全てのものが国内で作られていると考えていいでしょう。

生ローヤルゼリーなら国産がオススメ!

生ローヤルゼリーは鮮度がとても大切なもので、酸化するのも早いのでできるだけ純国産を選んでください。

ただ、国産になるとそれなりに高額になりますし希少な製品になりますので、手に入りにくいという事もあります。それから、国産と記載されていても採取した原産国や管理方法などをしっかりとチェックしなければ、もしかすると外国で採取されたローヤルゼリーの可能性もありますので、注意してください。

生ローヤルゼリーを購入する時は「純国産」と記載されているものを選びましょう。

外国産のほうが徹底した品質管理が行われている?

ちなみにですが、ローヤルゼリーを扱っているほとんどの企業は、外国産のローヤルゼリーを使用しています。ですから、品質をしっかりと判断するために検査を徹底しています。

生ローヤルゼリーや乾燥ローヤルゼリーとは違い、加工されたサプリメントのローヤルゼリーの場合は、その製法などにも注意してください。

国産が100%安全だといったら、そうではありません。むしろ外国産の製品のほうが、何度も検査をしたり徹底した品質管理を行っているケースが多いとも考えられます。

ただ、輸入されるローヤルゼリーは採取をする段階から、製品になるまでの間でどうやって検査や管理をしているのかという部分が、ハッキリと見えるメーカーで購入をするのがポイントです。

ホームページなどで、品質管理に関する情報を開示しているかどうか確認しましょう。それから、生産地のチェックなども行われているかどうか、確認をしてみてください。