ローヤルゼリーの過剰摂取のリスクや副作用、注意点

ローヤルゼリーが体にいいと言われていますが、副作用があるのかどうか心配になってしまう方もいらっしゃるでしょう。

まず言っておきたいのは、「副作用」という言葉は基本的に「薬」に対して使う言葉になりますので、健康補助食品であるローヤルゼリーには使わない言葉になります。つまり、副作用は無いという事です。

ただ、副作用と感じられるような症状などがゼロだというわけではありません。可能性として、何かしらの症状が出てくることはありますので、そういった症状について今回はお話をしていきたいと思います。

ローヤルゼリーを過剰に摂取した場合

ローヤルゼリーというのは、必ず摂取しなければいけない量というのは決められていません。ただ、1日の摂取量の目安として「500~3000㎎」と推奨されています。

しかし、この推奨摂取量はかなり幅がありますよね?これは体格や体質、体調などによって摂取する量が違うからです。

ローヤルゼリーは、胃の弱い人がたくさん摂取すると「胃痛・下痢」などの症状が出てくる可能性があります。つまり、摂取しすぎると体に不調が出てくる可能性があるという事です。

改善方法

ローヤルゼリーを摂取してから、不快感や不調を感じる場合には飲む量を少し減らして様子を見てください。自分の体格や体調などに、その量が合っていない可能性がありますので、自分で調整をしながらローヤルゼリーを摂取しましょう。

アレルギーの人が感じる症状

食品に対してアレルギーがある人は、ローヤルゼリーにもアレルギー反応を起こしてしまう可能性もありますので、注意してください。

もちろんローヤルゼリーだけに限ったことではないのですが、食品アレルギーを持っている方は、成分が過敏にアレルギー反応を起こす可能性が考えられるので、ローヤルゼリーを摂取する前に、かかりつけの医者などに相談をしてみてください。

それから、ローヤルゼリーの原料としてミツバチが採取してくるのは「花粉」なので、花粉症の方は症状が出てくる可能性があります。鼻炎、鼻づまり、くしゃみ、痒みなどの花粉症のような症状が出てきたら、ローヤルゼリーの影響を受けている可能性がありますので、摂取を控えて様子を見てください。

改善方法

アレルギーを元々持っているという方は、ローヤルゼリーを飲み始める時にまずは少量からスタートしてみてください。そして体調を確認しながら、少しずつ量を増やしていきましょう。

喘息やアトピーの人が感じる症状

ローヤルゼリーは喘息やアトピーを持っている人には、おススメできないと考えられています。体が過敏に反応してしまい、重症がでてくる可能性があるからです。できれば、ローヤルゼリーではなく、他の健康補助食品を摂取して、健康をキープしてください。

蜂アレルギーの人は要注意

ローヤルゼリーは蜂の分泌物が含まれていますので、蜂アレルギーを持っている人が摂取すると「アナフィラキシーショック」を起こす危険性があります。

命の危険がありますので、蜂アレルギーの方はローヤルゼリーやプロポリスを摂取するのはやめましょう。