ローヤルゼリーとマヌカハニーの成分、効果の違い

ローヤルゼリーについて調べていると「マヌカハニー」という言葉をよく見かけませんか?また似たようなものが出てきたのか?と思いますよね。

ローヤルゼリーもマヌカハニーも聞いたことはあるけど、何が違うのか?どんなものなのか?と疑問に思っている方もいらっしゃるでしょう。

そこで今回は、ローヤルゼリーとマヌカハニーの違いについてご紹介したいと思います。

ローヤルゼリーとマヌカハニーについて

ローヤルゼリーとは

ローヤルゼリーは働き蜂が蜜や花粉を食べて、体の中で分解と合成をした後に分泌した物質のことで、女王蜂だけが食べることを許されたものです。かなり高い栄養素が特徴で、様々な健康・美容効果が期待できます。

マヌカハニーとは

マヌカハニーというのは、ニュージーランドで自生している「マヌカ」の花蜜から採取できるハチミツのことをいいます。

ローヤルゼリーとマヌカハニーの違い

それでは、ローヤルゼリーとマヌカハニーの違いについて、3つの項目に分けてご紹介していきましょう!

ローヤルゼリーは乳白色で、マヌカハニーは薄茶色をしています。採取年度、場所などによって色あいは違ってきます。

成分

ローヤルゼリーの成分は、ビタミン・タンパク質・ミネラル・アミノ酸・デセン酸など、様々な成分がバランスよくたっぷりと含まれています。

マヌカハニーは、通常の蜂蜜よりも強い殺菌力と抗菌力を持っている「メチルグリオキサール」という成分が、たっぷりと含まれています。そのほかにも、酵素・ビタミン・糖分・ミネラルなどが含まれています。

効果

ローヤルゼリーは、とてもたくさんの成分が含まれていますので、その効果もたくさんあります。一部の効果をご紹介すると、こんな感じです。

脳卒中や動脈硬化、心筋梗塞、糖尿病などの生活習慣病の予防・改善効果。ガンの予防、更年期障害の緩和、アンチエイジング、自律神経失調症の改善やうつ病の改善、肥満予防、免疫力工場、冷え性の改善など。

マヌカハニーの効果は、ピロリ菌や大腸菌を撃退して胃腸障害を改善するという胃腸に嬉しい効果が特徴です。そのほかにも、口内炎や虫歯、歯周病などの予防や改善にも効果があります。

そして、炎症を和らげる作用があるので、喉の痛みにも効果的ですし、抗ウイルス効果があるので、風邪やインフルエンザの予防にも役立ちます。

特徴的な違いとは?

ローヤルゼリーとマヌカハニーの違いを見てきましたが、2つの特徴的な違いが何か分かりましたか?

ローヤルゼリーには、ローヤルゼリーにしか含まれない成分「デセン酸」が含まれています。このデセン酸は、女性ホルモンに似た働きをしてくれる優れた成分です。

マヌカハニーには、マヌカハニーにしか含まれない成分「メチルグリオキサール」という、抗菌作用のある成分が含まれています。

このように、含まれる成分も効果も全く違うものなのです。どちらもオリジナリティのある特徴的な成分が含まれているのが魅力です。